神経性(精神性)の頻尿や下痢、精神不安、抑うつ症状など、外出に不安を抱く自律神経性疾患でお悩みの方にご利用頂いている訪問治療に特化した鍼灸治療院です。

ぎっくり腰の対処

  • HOME »
  • ぎっくり腰の対処

ぎっくり腰になってしまった時の対処

かせ鍼灸治療院のホームページにお越し頂きまして、有り難うございます。

さて、ぎっくり腰というものは何かの拍子で突然おこってしまいます。

くしゃみ、咳などに誘因されて、ぎっくり腰になる場合もあります。

動けない、寝返りも打てないなど、つい先ほどまで出来ていた日常生活が急に出来なくなってしまうほどの、強烈な痛みです。経験された方には分かってもらえると思いますが、本当に痛くて動けなくなるものですよねぇ。

こちらのページでは、そんな突然のぎっくり腰になってしまった時に、慌てずに対処する方法を私の経験を元に記載していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

なお当鍼灸院では現在腰痛など『筋肉や関節が原因』と思われるお悩みの施術は、都合により新規のお申込みを受け付けておりません。
当ページは腰痛に関する『情報』としてご利用ください。

まずは安静にすることが大切です

ぎっくり腰は何かの動作をした時に急に発症するものです。

  • 洗顔をするときの中腰
  • 咳や、くしゃみをした時
  • 立ち上がろうとした時
  • etc.

ちょっとした動作が引き金となって発症してしまいます。
西洋では『魔女の一撃』と言われるそうですが、そんなイメージが容易に想像できます。

まずは、ぎっくり腰になってしまったら、とにかく楽な姿勢をとって安静にして様子をみましょう

横向きになって寝る姿勢が一番楽だと思いますが、個人で違いがあると思いますので、自分にあった姿勢をとってください。

それでも足の方に『響くような痛み』や『シビレ』などがある場合は、速やかに整形外科を受診してください。

ぎっくり腰は動かなければ痛みは出ない』ということを頭に入れておきましょう。

整形外科受診のお勧め

急性期の処置

安静にして腰が痛まなければ、次は冷湿布で患部を冷やしてみましょう。

温湿布の方が痛みが和らぐのであれば、温湿布でも大丈夫です。

注意することは、皮膚がデリケートな人は長時間、湿布を貼らないことです。

2~3時間湿布を貼ったら、必ず取るようにしてください。

病院で『ぎっくり腰』と診断されたとき

急性腰痛症と言われる場合もありますが、病院で『ぎっくり腰』と診断されたら、大体次のような流れになると思います。

ぎっくり腰』と診断される
2~3日の安静を指示され、消炎鎮痛剤か筋弛緩剤を処方される
数日後に理学療法を開始する

 

鍼灸での対応

ぎっくり腰の対処は鍼灸が得意としている分野のひとつです。

私個人の経験で言えば、整形外科で安静を言い渡された後、鍼灸を受けた方の半数以上が『初回の施術で痛みが7割くらい取れた』と評価してくれます。

もちろん患者さま1人1人の評価なので、すべての人が同じ評価をする訳ではありません。
もっと低い評価をする人も当然、いらっしゃいます。

ただ一言申し上げると、初回の施術でいきなり痛みを10割取り除くことは、まず無理だと思っています。

が付いたら治っていた』と感じることが大切だと思います

私が腰痛の施術を行っていたころ、痛みの軽減は次のような過程が大切だと、患者さまにお話ししていました。

  • 1回目の施術では、施術開始前の痛みを10とするならば、施術後の痛みは3~4程度に軽減している
  • 施術は可能であれば毎日、無理な場合でも1~2日おきに受けること
  • が付いたら治っていたと感じること

患者さまには、この目安を理解して頂いたうえで施術していました。

大体2~4回程度の施術で痛みは消失していきます。
ただし痛みを感じる程度や施術回数は個人差があるために、あくまでも目安として捉えてください。

ほかの治療院を選択した方が良い場合があります

色々な治療院さんのホームページを見てみると『ぎっくり腰は1回の施術で治る』と説明しているところも多く存在します。

誰でも痛みをすぐに消失させて欲しいと願うものですが、筋肉に余計な負荷を掛けることを避けるため、当鍼灸院では数回に分けて痛みを消失させる施術を心掛けていました。

『1回の施術で痛みを消失させたい』方は『当鍼灸院の考え方』とお求めの内容が異なりますので、大変恐縮ですが他の治療院さまのホームページをご覧いただいた方がよろしいと存じます。

施術方法について

ぎっくり腰の1回目の施術では、一般的には患部へ直接鍼を刺したり、お灸を据えたりすることはありません

当鍼灸院も初回の施術時には、痛み部位へ直接鍼を刺すことは、ほとんどありません。
(まれに直接鍼を刺す場合もあります)

施術の手順は、概ね次のとおりになります。(患者さまの状態によって変わる場合があります)

使用する経穴(ツボ)の選定
初回の施術は主に下半身にある経穴(ツボ)を選び、その中で腰の痛みが最も軽減する経穴を探して施術します。
下半身の経穴が反応しなければ、肘から下にある経穴や、臀部にある経穴を交えていきます。
手技療法を交えていきます
2回目以降も鍼中心の施術になりますが、鍼に加えて痛む部位に関連する筋肉を揉みほぐしたり、ストレッチさせるなどの手技療法を交えていきます。
痛みの軽減
おおむね2~4回程度の施術で痛みは消失していきます。
ただし痛みの消失は個人差があるため、ご注意ください。あくまでも目安としてご紹介しています。

 

こちらもご覧ください

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro
お問い合わせはこちらまでお願いいたします
お電話でのお問い合わせはこちら

011-375-5059

※受付時間は9時30分~16時まで(土曜日は13時まで)
※日曜・祝祭日(臨時休診含む)は電話に出ることができません

ご注意ください!

かせ鍼灸治療院は北海道北広島市の訪問鍼灸治療院です。広島県をはじめ、他府県からのお問い合わせには対応出来ませんので、お住まいの住所をご確認のうえ、お問い合わせください

なお営業目的の電話はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

トップページへ戻る

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro

ご不明な点やご相談などございましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。 TEL 011-375-5059 9:00~18:00(日曜、祝祭日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

誠に申し訳ございませんが、お電話でのお問合せ受付は、
9時30分~18時までと
させて頂いております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長の加瀬です

自律神経失調症(更年期を含む)にお悩みのあなた。
自身も自律神経バランスの乱れから生じた不定愁訴(私の場合は下痢、不眠など)に
悩まされた体験を持つ私が、あなたのつらさを理解し、自分の体験を元に施術いたします。きっと私の体験が、あなたのお力になれると信じています。

休診日のお知らせ

PAGETOP
Copyright © かせ鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.