子供のうつ症状がきっかけでお世話になりました

家族3人がお世話になっています

北広島市 SY様
40代主婦

20代の子供がうつを患い、引きこもりになってしまいました。
子供は普通の人が『1』に感じるストレスを『10』に感じるくらい、感受性が強い子です。

うつと診断を受ける前後から、ひどい頭痛と肩こりに悩み、時には説明が出来ないほど『目の奥が痛い』と訴えてきます。

病院へ通うのもおっくうになり、会話もほとんど無くなりました。

知人が訪問専門の鍼灸があることを教えてくれ、頼れるところはどこにでも頼んでみようと思い、相談の電話をしてみました。
いくつか条件があったものの快く引き受けて頂きましたが、こんな内容の条件だったと記憶しています。

  1. 施術中は両親のどちらか、もしくは家族が誰か一人、必ず近くにいること
  2. 嫌がる施術(例えば鍼を使う)はしないが、初対面の人間にカラダを預けること(治療そのもの)自体を拒むケースがある。
    この場合は、ご両親のどちらかが施術を何回か受けてもらい、その様子を本人に見てもらったうえで、自分から治療を受けたいと気持ちが変化するように仕向けたい。
    本人が嫌がる治療は、絶対に効果を発揮しない
  3. 数回の施術で良くなると思わないで欲しい。
    長く、継続的な治療が必要になることを覚悟して欲しい。

電話では、このような事前説明がありました。

先生が心配したとおり、子供は初対面の先生の治療を嫌がりました。
そこで代わって私が何回か治療を受けることになりました。
幸い(?)にも、私は腰痛と膝痛に悩まされており、他の整体院に何回か通っていました。

まずは手技治療からのスタートです。
事前の説明で刺激されて痛い部分があってもガマンしてもらう所と、力を加減する所があると聞いてはいましたが、痛い所を痛いと言っても多少加減してくれるものの、笑顔で『もう少しガマンしてねぇ』と言われるだけ。
でも終わってみると整体院の施術後よりも腰と膝がスッキリとしていて驚きました。

手技治療が終わってから、もう少し楽になるためにと鍼を打つことになりました。
痛む部分にも鍼を打ちましたが、『何でそんなところに鍼を打つの?』と思うような、一見関係が無さそうな場所にも鍼をされました。
聞くと腰や膝に関係するツボが手足にあり、そこを刺激したそうです。

何回か施術を受け、私の腰と膝は随分回復していきました。
病気で引きこもっている子供を置いて外出することは大変勇気がいることで、訪問治療を専門にしている先生に出会えたことは幸運だったと思います。

子供の方はだんだんと元気に動けるようになっていく私を見て、自発的に自分を試してみたと言いだしてきました。
先生はもう少し時間がかかると思っていたらしく、予想より早かったと後で私に話してくれました。

子供は鍼治療を嫌がったことから、鍼を使わない方向で治療を進めることになり、手技治療でカラダを揉みほぐし、信頼関係を築くことを当面の目標にして開始することにしました。

何回か様子を見ていると先生との間で会話が生まれ始め、自分の方から『お灸なら使ってもいいよ』と言い始めました。帰り際、『信頼関係が築けてきたようなので、次からはもう少し踏み込んだ治療にしていきます』と言われ、少しずつ前進している実感が得られました。

今は鍼を使った治療になり、子供も自発的に外出するようになって仕事を探し始めました。
私のカラダが元気になった様子を見て、最近は主人も時々お世話になるほど家族でお世話になっています。

長文、申し訳ございませんでした。
これからもよろしくお願いいたします。

患者さま個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

お問い合わせはこちらのフォームからお願いします

Posted by kase-chiryouin