更年期

更年期と自律神経の関係

かせ鍼灸治療院のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

当鍼灸院は更年期や自律神経失調症から生じる、さまざまな体調不良の軽減・解消を目指し、毎日の施術に取り組んでいる訪問型の鍼灸院です。

こちらのページでは『更年期と自律神経の関係』について、東洋医学から観たポイントを交えて簡単にお話ししております。

更年期を簡単に説明すると

念のため更年期について簡単に説明します。

英語ではclimacteric(クライマテリック)と言わます。
転換期の意味もあるそうですが『更年期』を指します。

女性は思春期を迎えるころ女性ホルモンの分泌に変化が生じ、初潮が始まります。

そして女性らしいカラダを作ったり、月経が始まったりと将来の妊娠や出産に備えて準備が始まりますが、ある年齢になってくると女性ホルモンはその役割を終え、閉経に向けた準備が始まっていきます。これが『更年期』と言われる期間になります。

また女性ホルモンは自律神経と同じく、大脳にある視床下部と言われる部位でコントロールされているため、女性ホルモンのバランスが乱れてくると自律神経にも影響があらわれてきます。

更年期の女性が【自律神経失調症】と同じ症状を訴える理由は、このためです。

東洋医学から観た生理的変化

東洋医学最古の医学書は『黄帝内経こうていだいけい』という文献です。
これは中国の春秋戦国時代(紀元前770年頃)に原型がつくられたと伝えられており、女性の生涯における生理的変化について、次のように述べています。
難しいので簡単に、そして現代風に紹介します。

女性の生理的変化

7歳…腎の働きが活発になり歯が生え替わりはじめ、髪も長くなる

14歳…天葵(てんき)が至って初潮が起こり、妊娠が可能になる

42歳…白髪が多くなる

49歳…天葵(てんき)が尽き妊娠できなくなる

黄帝内経 上古天真論より抜粋

【注1】
じんは現代医学で指す『腎臓』とは異なる臓器です。
東洋医学独特の思想による『五臓ごぞう』を構成する重要臓器の1つだとお考えください。
ここでは月経を形成するための基礎物質になります。

【注2】
天葵てんきは性器官の発育と成熟を促す物質であると考えてください。
女性は7の倍数でカラダに変化が生じてくる』と、紀元前に書かれた医学書に記載されていることは驚きです。
とくに49歳という年齢を見てみると、今も昔も更年期症状が現れ始めるようです。

自律神経失調症と類似した症状

女性ホルモンと自律神経は脳の同じ部位に支配されています。
このため更年期で訴える症状と自律神経失調症に診られる症状は、以下のように類似しています。

  • 脱力感
  • 疲労
  • 倦怠感
  • 肩こり
  • 顔や上半身の熱感(ホットフラッシュ)
  • 頭重感
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 心悸亢進
  • うつ症状
  • etc.

更年期への鍼灸アプローチ

東洋医学には『異病同治いびょうどうち』という言葉があります。
『異なる病でも治療の仕方は同じ』という意味です。

診断名が違えども、訴える症状や解剖学的に考えると、更年期と自律神経失調症は『異病同治いびょうどうち』の典型であり、鍼灸の施術方法も類似した手法になります。

当鍼灸院でも必ず用いる経穴(ツボ)がありますので、興味がある方は下記のボタンをクリックのうえご覧ください。

相談は無料です

紀元前に記された文献に女性の生理的変化が、かなり正確に記載されていたと言うことは、逆に言えば対処方法も見つかっていると考えられます。

もし更年期と思われる不快な症状にお悩みでしたら、一度私とお話しをしてみませんか?
個人差はどうしても生じてしまいますが、先人達の知恵と私の経験などを総動員して、お悩みを軽減できるよう、あなたに向きあいます。

下記のお問い合わせフォームから、今すぐご相談ください。
ご希望の方は、自宅まで伺ったうえでお話しを聞きます。
時間は限られますが、相談料は必要ありません
施術の申し込み依頼なども、一切気にしないでください。
お悩みの軽減に向けて、まずは第一歩を踏み出しませんか?

お問い合わせフォーム

Posted by kase-chiryouin