自律神経とホルモンの関係

関係が深い自律神経とホルモン

かせ鍼灸治療院のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。
早速ですが、交感神経と副交感神経で構成される自律神経は、その働きや関与している場所が多岐にわたっています。
この2つの神経は見事にバランスを取りあって、私たちの生命を維持してくれているのです。

当ページでは自律神経とホルモンおよび免疫の関係について触れています。

自律神経に命令を出しているのは…

自律神経に命令を出しているのは、脳の視床下部ししょうかぶという場所になります。
視床下部は自律神経をコントロールしていますが、ホルモンの分泌も調節する役割があります。

このため女性ホルモンに関係する更年期障害では、自律神経失調症に類似した症状があらわれるます。

余談

自律神経失調症が男性より女性に多いのは、月経や出産、妊娠など性周期に関連してホルモンが大きく変動することが多いためと言われています。

ホルモンを分泌する機能

人間にはホメオスターシスと言って、外気温の変化や1日の生活リズムにあわせて体温や内臓の働き、ホルモンの分泌を調節してくれる機能があります。

これも自律神経の働きによるものなのですが、昼夜の生活が逆転するなど生活リズムが乱れていると交感神経と副交感神経の働く時間も逆転してしまい、不眠や疲労感が取れないなどと言った症状があらわれてきます。

免疫にも関与しています

自律神経は免疫力にも影響を及ぼしています。

風邪のウイルスが体内に侵入・感染すると、熱が出て多量の汗をかいた経験があると思いますが、これは自律神経の交感神経が働いて免疫力を高め、発汗させて解熱させようとしているためです。

自律神経は病気の予防や治療にも、大活躍している神経なんです。

多くの臓器をコントロール

自律神経は多くの内臓をコントロールしています。このため自律神経失調症と診断された方は多種多様な症状を訴えることが多くなります。

また精神的ストレスが原因となる自律神経失調症では、最も弱い部分に症状があらわれやすいようです。

最も弱い部分に症状が出ると言っても、症状が1つだけと言うことはほとんどなく、複数の症状が同時に発症するケースが大半です。

例えばこんな症状が考えられます

交感神経が緊張すると末梢血管が収縮して血行不良がおこり、肩こりなどが生じます。

同時に胃腸は交感神経が緊張すると活動を休めるため、便秘を起こしてしまいます。

また1つの症状が治まったと思ったら、すぐに別の症状があらわれるといった具合に、症状があらわれたり消失したりを繰り返し、同じ症状でも強くなったり弱くなったりすることも、特徴です。

自律神経の異常は検査をしても原因が分からず、周囲の人にはなかなか理解してもらえないことが多いと思います。

それは私自身が身をもって体験していることなので、容易に想像がつきます。

もし私が力になれると感じて頂けるならば、ご相談(無料です)だけで結構です。
迷わずご連絡ください。
決して治療を強要するような真似はしませんので、ご安心ください。

こちらのフォームからもお問い合わせ頂けます

Posted by kase-chiryouin