自律神経

自律神経の役割

かせ鍼灸治療院のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

健康番組などで『自律神経』という言葉を聞いたことはありませんか?
自律神経は無意識のうちにカラダ全体の機能を調整してくれる神経で、心拍数を上げ下げしたり、瞳孔の開きを調整したり、ホルモンのバランスを整え免疫力をアップさせる、などと言った働きをしてくれます。

こちらでは自律神経の仕組みや、自律神経の働きが乱れると、どんなことが起きるのかなどをお話ししています。

神経を大別すると中枢神経と末梢神経に分類されます

私たち人間の神経は大きく分けると、下記のとおり『中枢神経』と『末梢神経』に分類されます。

分類

中枢神経

  • 『脳』と『脊髄』を指します
    (これしかありません)
  • 『脳』と『脳神経』は別々の神経と考えてください
  • 〇×神経と言われたら『末梢神経』を意味します
末梢神経

  • 『体性神経』と『自律神経』に分類
  • 『体性神経』に支配されている領域は自分の意思で動かすことが出来ます
  • 『自律神経』の領域は、意志とは関係なくカラダの機能を調節してくれます

自律神経は自分の意思とは関係なく働いてくれるため、眠っている間でも呼吸血液循環体温調節といった、生命活動の維持を目的に重要な役割を担っています。

チョット一息

緊張で手に汗をかいたり、心臓の鼓動が早くなったりなど、多くの人が経験を持っていると思います。
これは自律神経が精神的な影響をを受けやすいことを示しています。

後述しますが自律神経は『交感神経』と『副交感神経』に分類され、この2つが上手くバランスを取りあってカラダを健康な状態に保ってくれています。

交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経は真逆の作用があります。
2つの神経は互いにバランスを取りあいながら、私たちの体調を維持する働きがあります。

交感神経

活動時間と作用

  • 交感神経は日中に活動する神経です
  • 仕事や運動をするときに血圧を上げ、筋肉などに適度な緊張を作って活発に活動できるようにする
  • 暑い時にカラダを発汗させて体温を下げたり、寒い時に血管を収縮させて体内の熱を逃がさないようコントロールする
  • 胃腸の働きを抑制する(不安や緊張で交感神経が優位になると食事がノドを通らなくなるのは、このためです)
  • etc.

副交感神経

活動時間と作用

  • 副交感神経は夜間に活動する神経です
  • 休息や睡眠をとってカラダを休ませたり、胃腸の運動を促進させてカラダにエネルギーを確保するなどの働きがあります
  • 脈拍をゆったりとさせて血圧を下げ、眠りに入る準備をしてくれる
  • 副交感神経が優位になると胃腸が働きだして便意を感じる
  • etc.
チョット一息

学校の発表会や、アルバイト・就職の面接など、緊張して手のひらに汗をかいた経験がありませんか?
手のひらや足の裏にかく汗は体温調整の汗とは異なり『精神性発汗せいしんせいはっかん』と呼ばれます。

これは交感神経が緊張した時に見られる現象で、手のひら・足の裏に汗をかきやすい人は、交感神経が緊張しやすい人と言えるかも知れません。

緊張を和らげるツボ

精神性発汗が強い人は左記の図にある内関ないかんというツボを指圧してみてください。

内関ないかん緊張を和らげ、神経をリラックスさせる効果があります。

場所は手の内側、手首の横ジワ中央付近から指3本分ほど肘側に上がったあたりです。手首を内側に曲げた時に出来る2本のスジの間にあります。

自律神経のバランスが乱れると

自律神経の正常な作用

  • 日中は交感神経が優位になる
  • 夜間は副交感神経が優位になる

これが正常な働きであり、2つの神経が上手にバランスを取りあって健康を保っています。

逆に精神的ストレスの蓄積や生活リズムの昼夜逆転など、カラダに無理を重ねていくと自律神経はバランスを崩し、健康を維持管理出来なくなってしまいます。

自律神経はデリケートな神経です。
ストレスを上手に発散させたり、規則正しい生活を取り戻すことが、自律神経失調症を治していく第一歩であり近道であることを忘れないでください。

疑問や質問がありましたら、下記よりお問い合わせください

Posted by kase-chiryouin