お役に立つ?ツボ(経穴)の話し

こんにちは、かせ鍼灸治療院と申します。

早速ですが東洋医学、とくに鍼灸の世界では『ツボ(経穴)』を意識した施術を行うことが多いものですが、皆さんの日常会話でも『ツボに入って笑いが止まらない』など使う機会があるのではないでしょうか?

こちらのページでは鍼灸から見た『ツボ(経穴)』についてお話しします。

はじめに

鍼灸の学校では国家試験対策の意味合いもあり、ツボ(経穴)は人体に『361』あると教えられます。
しかしながら実際にはそれ以上の数が存在します。

皆さんはテレビや知人などから

  • ここは車酔いした時に効くツボだ
  • ここは生理痛に効果があるツボだ

など、いくつか『ツボ』のことを聞く機会があると思います。

ですが、こんな疑問を持ったことはありませんか?

どうしてこんな所を押して車酔いや生理痛に効果があるんだろう?

不思議に思う人も思わない人もいるでしょうが、ツボの効果を知るためには、東洋医学の経絡(けいらく)という考え方を知る必要があります。

経絡を何となく理解できれば『だからこのツボを押すと効果があるんだ』ということが理解しやすくなるので、お話ししていきたいと思います。

経絡(けいらく)

『経絡(けいらく)』を理解するためには鉄道をイメージすると理解しやすいと思います。
私も鍼灸の学校では、そう教わりました。

東洋医学では人体には【気(き)と血(けつ)】というエネルギー物質が存在すると考えられています。
この『気と血』が人体を縦横無尽に巡っているからこそ、人間は生命活動が営めるのです。

そして『気と血』は勝手気ままに全身を駆け巡っている訳ではありません。
必ず決まった順路が存在し、この順路を『経絡(けいらく)』と言います。

12本の走行順路

経絡は12本あると考えられていて、人間の体を上下・左右・前後に、まるで線路のように走行しています。
(経絡は厳密に言うと14本+αなのですが、ここでは基本12本だと理解してください)

12本の経絡は一筆書きのように巡っていて、スタートすると全身を駆け巡って必ず元の場所に戻ってきます。
この経絡を使って全身を駆け巡っている物質が【気と血】であり、生命活動を営むためのエネルギーを運んでいます。

また経絡は、それぞれ【五臓六腑】(正確には六臓六腑)と表現される臓腑に所属していて、内臓の不調や関連する経絡の運動器官に異常があると、体表にある経穴(ツボ)に反応が表れ、そこが鍼灸の治療ポイントとして利用されることになります。

『駅』をイメージすると分かりやすい

ツボ(経穴)とは、各路線に配置された駅のような存在です。

各路線に配置された駅(=ツボ)は該当する路線(=経絡)の運行が悪くなると駅に連絡が行き、駅を刺激してあげると路線の運行が良くなって、痛みが取れていく仕組みになっています。

気と血】は人間が生きている限り、運行が留まることはありません。

しかし何らかの理由で気と血の運行がスムーズに行えなくなると、体に異常があらわれます。

その異常は体表のツボに反応があらわれ、治療点になります。

この理由から、車酔いをした時には手の親指の付け根のツボ(魚際 ぎょさい)が効果的、生理痛の時には足の内くるぶし付近にあるツボ(三陰交 さんいんこう)が効く、といったように一見すると無関係な場所にあるツボが効果を発揮します。