腰痛を侮ってはいけません!必ず整形外科を受診しましょう

こんにちは、かせ鍼灸治療院です。

こちらのページでは【整形外科を受診することの大切さ】についてお話しをしています。

一口に腰痛と言っても、その原因は多岐にわたります。
原因によっては整形外科の守備範囲外の疾患が隠れている可能性もあります。

たかが腰痛と考えず、まずはその原因が何であるのか、正確に把握する必要があるのです。

申し訳ございません

当鍼灸院では現在、腰痛をはじめとする『筋肉や関節が原因』と思われるお悩みについて、新規患者さまのご依頼を受け付けておりません。

当ページは腰痛に関する『情報』としてご利用ください。

腰痛の原因は色々と考えられます

腰痛の原因は、単に腰を取り囲む筋肉が炎症を起こしていたり、腰椎が変形していたりするだけではありません。

腎臓や膵臓などに起きている病気の影響で腰痛を発症していることも、十分考えられます。

早い段階で整形外科を受診していると、その腰痛の原因が

  • 整形外科(鍼灸院や整骨院を含む)が対応できる領域なのか
  • それとも他の分野の専門領域なのか

この2つを的確に判断することが出来、万一の場合は素早く指示を出してくれるからです。

腰痛の原因は多岐にわたります。

筋肉や骨が原因になっているならば整形外科はもちろんのこと、鍼灸院や整骨院の領域であるため対応が可能です。

ですが腎臓や膵臓などが原因になっている腰痛は領域外であり、命に関わる重大な疾患である可能性もあるのです。

『病院で検査するのが面倒だ』と言われる方がいるのも事実です。

しかし、あなたを苦しめている腰痛の原因が何であるのか、しっかりと原因を特定したうえで

  • 整形外科で手術や理学療法を受けるのか
  • 整形外科での治療を選択肢から外し、鍼灸院や整骨院などでの施術を受けるのか

選択しても決して遅くはないと考えます。

まずは整形外科で正確な原因を把握することが、とても大切なのです。

原因が分かっていると治療の選択肢が増えます

はじめから病院で治そうと考えているならば良いのですが中には、どこに行けば良いか判断できない人もいると思います。

そんな時、病院で原因が特定出来ていると

  • 手術が必要になるほど重症なのか
  • ブロック注射で痛みを軽減させ、しばらく様子見している方が良いのか
  • 理学療法を受けた方が良いのか
  • 鍼灸院や整骨院などでの治療を選択出来るのか

等々を自分で選ぶことが出来ます。

また治療院側としても病院で診断名が付いていたり、悪さをしている場所が特定出来ていると、どんな施術が有効なのか判断が容易になってきます。(施術者は判断材料が多いと、とても助かるんです)

まとめ腰痛は筋肉や関節などが原因になっている以外にも、内臓の病気が誘発しているケースも有り得ます。
場合によっては命に関わることも考えられるため、たかが腰痛と安易に考えず、一度は整形外科を受診して、しっかりと原因を把握することが大切です。