体調と季節の変化は密接に関係しています

 

最近の天候や気温を見ていると本来あるべき気温や天候と随分違う日が続いているように思います。

  • 真夏なのに寒い日が続いたり、台風が多かったり
  • 冬なのに雪が少なかったり、暖かかったり
  • etc.

異常気象といわれる年が年々増えてきている気がしませんか?

この異常気象に同調しているように、『体調が優れない日が続くなぁ』と感じる人も多いのでは無いでしょうか?

『体調』と『季節の変化』、実はとても関係があるんです。

ヒトが受ける季節の影響

私たちが暮らす日本には四季があり、日本人は春夏秋冬を感じ取りながら1年を過ごしていきます。
この春夏秋冬が移り変わるタイミングで体調を崩すことって、言われてみれば結構多くありませんか?例えば

  • イライラ感や不安感などに襲われる
  • 気力が湧かなくなる
  • 生理不順が続く、生理痛がいつもより酷くなる
  • 検査を受けても臓器に異常は見つからないが、頻尿や下痢が続く
  • etc.

これは季節の変化によって気温や気圧などが、人体の『自律神経』に影響を与えることが一因だと考えられます。
【自律神経の働きについては、こちらをご覧ください

ある本を読んでいたら、こんなことを話している方がいらっしゃいました。

季節や気候の変化に敏感に反応する人ほど『自律神経失調症』になりやすく、反対に『自律神経失調症』になりやすい体質の人ほど季節や気候の変化に敏感である、と。

これを読んだ時の私は『そのとおりだよね。知っている人は、やっぱり知っているんだ。』と思ったものです。
この記事を読んだ時の私はまだ会社員であり、洋の東西を問わず医学はまったくの素人だったのですが、自身の体調不良(主に原因が分からない下痢と不眠)に悩まされていて、色々な医療情報誌を読んでいたころです。
(気が向きましたら当院HPの【院長ごあいさつ】をご覧ください)
当時はインターネットが無かった時代でしたので、必要な情報を収集するにも一苦労しました。

鍼灸師の国家免許を取得してから今日まで、私自身の健康管理方法のひとつとしては

  • 毎日天気予報を見る(週間天気予報報も)
  • 今日(今週)の体調を自分の脈を診て(脈診といいます)予想する
  • 今日はどこのツボの鍼やお灸をしておこうかと考え実践・体調管理に努めています

天気予報もこんな使い方があるので、心当たりがある人は上手く天気予報を使って、毎日の体調管理に役立ててみてはいかがでしょうか?

ヒトの体調と季節(自然)の関係は天人合一(てんじんごういつ)
という言葉で表現します

天人合一

鍼灸医学を含む東洋医学には『天人合一(てんじんごういつ)』という言葉があります。

これは『ヒトの体調と気象は必ず関連があり、同調している』というもので、東洋医学独特の考え方になります。

昔は病院でこんな話をしても『?』という顔をされましたが、最近は心療内科や精神科の先生でも、このことを理解している方が増えてきたように思っています。

あくまでも個人の感想なので、『そんなことは医師の世界でも常識だ』と言われてしまえば、この場で誤ります。
でも本当に私が若かった頃は東洋医学の考え方を理解してくれる医師が少なかった時代であったことも、事実だったんです。

話しが脱線してしまい申し訳ございません。

また東洋医学の世界では『病気と気象は密接に関係していて、6つの病理パターンがある』と考えられているので、下記にご紹介いたします。

6つの病理パターン

おたふく風邪はムンプスウイルス、水疱瘡はヘルペスウイルス、プール熱はアデノウイルスなど、現代ではその病は外から体内に侵入した細菌やウイルスなどが原因であることが知られていますね?

東洋医学は紀元前に誕生した医学であることから、病の原因を観察力や想像力などをフル稼働させて探求しました。
もちろん人体解剖も行われていたようで、現在の解剖学と比較しても遜色がないほど、人体を細かく観察していました。

その中で人体に影響を与える自然現象(病気の元)は次の6つあると考えられました。
これは『五行説』といわれる思想のベースになります。

  1. 風(ふう)
  2. 暑(しょ)
  3. 湿(しつ)
  4. 燥(そう)
  5. 寒(かん)
  6. 火(か)

これら6つの自然現象を『六気(ろっき)』と言います。

ここに酷暑や多湿、厳寒などの異常気象が加わると

  1. 風邪(ふうじゃ)
  2. 暑邪(しょじゃ)
  3. 湿邪(しつじゃ)
  4. 燥邪(そうじゃ)
  5. 寒邪(かんじゃ)
  6. 火邪(かじゃ)

と呼ばれる病気の原因へ変化します。
6つの『邪』を合わせて六淫(ろくいん/りくいん)と言われます。

詳しくは下記のページに記載していますので、よろしければご覧ください

ヒトの体は自然現象と同調しています

私たち人間の体は六気という自然現象と同調して活動しています。

ですから四季の変化や異常気象など、自然現象の変動に伴って体調を崩す人が多くいることは、東洋医学ではこのように考えられてきました。

その代表的なお悩みは『自律神経失調症』でしょう。
自律神経失調症は『治った』と思っても、季節の変化や気象などの自然現象に影響されて繰り返し発症する厄介なお悩みです。

当院のHPでは『治療は継続していくことが大切です』と、しつこいぐらいお話ししています。
その理由は、自分で治ったと思っていても、カラダは天候と密接に関係していて、天候が悪くなると体調も悪くなっていくことが東洋医学では分かっているためなのです。

ご不明な点は下記までお問い合わせください
お電話での問い合わせはこちら
お問い合わせ
011-375-5059

受付時間:9時30分~16時まで
※土曜日の受付時間は13時まで
※日曜・祝祭日は電話に出ることができません。

メールでのお問い合わせはこちら