実は関係が深い自律神経とホルモンと免疫

『自律神経』と一言で言っても、その働きや関与している場所は非常に多岐にわたり、実に見事にバランスを取りあっています。
簡単にですが、タイトルのとおり自律神経とホルモンと免疫の関係について、触れたいと思います。

自律神経の司令塔

自律神経は多くの臓器の働きをコントロールしており、その司令塔は脳にある視床下部(ししょうかぶ)という場所になります。

視床下部はホルモンの分泌も調節する場所でもあるため、女性ホルモンの分泌に関係する【更年期障害】で自律神経失調症と類似した症状がでてくるのも、司令塔が同じだからです。

ちなみに自律神経失調症が男性より女性に多いのは、月経や出産、妊娠など性周期に関連してホルモンが大きく変動することが多いためだと言われています。

ホルモン分泌機能

人間には『ホメオスターシス』といって、外気温の変化や一日の生活リズムに合わせて体温や内臓の働き、ホルモン分泌を調節してくれる機能があります。

これも【自律神経の働き】によるものなのですが、昼夜逆転の生活になると交感神経と副交感神経の働きも逆転してしまい、不眠や疲労感が取れないといった症状があらわれます。

免疫にも関与している自律神経

自律神経は免疫力にも影響があります。

風邪をひいて熱が出た時のことを思い出して下さい。
体内に風邪のウイルスが侵入して感染すると、熱が出て多量の汗をかいた経験があると思います。
これは自律神経の交感神経が働いて免疫力を高め、発汗して解熱させようとしているためです。
自律神経は病気の予防や治療にも大活躍している神経なのです。

 

多くの臓器をコントロールしています

自律神経は多くの臓器をコントロールしている神経であるため【自律神経失調症で訴える症状も多岐】にわたります。

精神的ストレスが原因の自律神経失調症では、最も弱い部分に症状があらわれやすいようです。

最も弱い部分に症状があらわれやすいと言っても、症状が1つだけと言うことはほとんど無く、複数の症状が同時に発症するケースが大半です。

 

例えばこんな症状が考えられます

交感神経(活動の神経)が緊張すると末梢の血管が収縮して血行不良がおこり、肩こりなどがあらわれます。
同時に胃腸は交感神経が緊張すると活動を休むため、便秘をおこしてしまいます。

また、1つの症状が治まったと思ったら、すぐに次に違う症状があわられるといったように、『症状があわわれたり消失したりを繰り返し、同じ症状でも強くなったり弱くなったりする』ことも特徴になります。

自律神経失調症は検査をしても異常が見つからず周囲の人にはなかなか理解してもらえなく一人で悩み苦しむことが多い病気です。それは私自身がよく知っております。

こちらのページをご覧頂いているあなたが、もしそのような苦しみを抱えているならば、治療の申し込みなど気になさらず相談だけでもしてみて下さい。あなたのお力になれることがきっとあると、私は思っております。【無料相談についてはこちらをご覧ください

ご不明な点は下記までお問い合わせください
お電話での問い合わせはこちら
お問い合わせ
011-375-5059

受付時間:9時30分~16時まで
※土曜日の受付時間は13時まで
※日曜・祝祭日は電話に出ることができません。

メールでのお問い合わせはこちら