病気の状態を分類する

【四診】を行ったあと、証(しょう)と呼ばれる、病気の状態を分類する作業に入ります。
証には、八鋼弁証・気血津液弁証・病因弁証・臓腑弁証・六経弁証など、色々な分類方法がありますが、ここでは代表的な八鋼弁証のお話しをしたいと思います。

八鋼弁証

八鋼弁証は、病気を8つのタイプに分類することが基本になります。
八鋼弁証の考えは陰陽論に基づいて考えられ、以下のとおり分類していきます。

  1. 表・裏(ひょう・り)
  2. 寒・熱(かん・ねつ)
  3. 虚・実(きょ・じつ)
  4. 陰・陽(いん・よう)

表裏

表と裏は『邪』が体の表面近くにあるのか、内部へ侵入してしまったのかを分類するものです。邪が体の表面近くにある場合を『表証(ひょうしょう)』、内部にあるものを『裏証(りしょう)』と呼び『表裏弁証』といいます。

表証はカゼに代表するような、病原菌の感染による発熱、寒気など、原因がはっきりとしているようなケースや、カゼの初期症状などで見られます。

裏証は五臓のバランスが乱れたり、カゼの慢性期などに見られます。
カゼの場合は表証に比べて治りにくいようです。

表証でも裏証でもない場合は、半表半裏証(はんひょうはんりしょう)と診断して区別します。

寒熱

寒と熱は病の性質を分類するもので、『寒熱弁証』といいます。
体を冷やす『陰気』と体を温める『陽気』のバランスを診察していきます。

冷え症であったり、体が冷えると痛みが出るといった症状は『寒証』、発熱やのぼせといった症状は『熱証』と分類されます。

皆さんの体温が平熱と比べ、ちょっと高かったり低かったりした時のことを思い出してみて下さい。
ほんのちょっと体温が変化しただけで、人間の体は反応して「何か今日は体調が悪いな」と感じた経験があると思います。
寒と熱は人間が生きていくためにはとても大切で、東洋医学では体を冷やす『陰気』と体を温める『陽気』のバランスを重要視しています。

虚実

虚実は、正気と邪気が闘争している状態を診察するものです。
『虚実弁証』といい、虚は正気が虚している(弱まっている)状態、実は病邪が盛んなことを現しています。

正気とは免疫力や自然治癒力といった生命エネルギーです。
『虚証』とはこの正気が不足してしまい、病邪に負けて病気が発症してしまった状態を意味し、『実証』は正気が正常であるにも関わらず、邪気の勢いが正気を上回ってしまい、病気を発症してしまった状態です。

ややこしいと思いますが、正気が不足しているか正常であるか、邪の勢いはどうか、といったことを診察していきます。

陰陽

陰陽は、上記の6鋼を総括したものです。
実際は陰証、陽証を区分しても意味がないとされ、寒熱弁証と虚実弁証が重要視されています。

弁証の分類

上述した弁証は、どれかひとつのタイプに分類されるのではなく、いくつか組み合わせられて分類します。例えば虚証に寒証が加わった『虚寒証』、実証に寒証が加わった『実寒証』といった組み合わせです。
実際の臨床では、これらに臓腑弁証や経絡弁証などが必要になってきますが、鍼灸治療の最初に鍼灸師が脈やお腹の状態を見ているのは、基本である八鋼弁証を用いて体の状態を把握して、どこの経穴(ツボ)を使って治療するかを知ることが目的になります。