五感を使って診察する鍼灸治療

紀元前から存在する東洋医学は、現在の医学のように検査機器を使って病を診察・診断することができません。

鍼灸治療を受けたことがある方は経験があると思いますが、両手首付近にある脈の状態を診たり、お腹の硬さを診たり、舌の状態を診たりして、東洋医学独特の診察・診断をしていくことになります。

なぜそんなことで診察や診断、そして治療ができるのか疑問だった方も少なからずいらっしゃると思いますので、おおざっぱにですがお話しをしたいと思います。

四診(ししん)

診察

検査機器を用いない東洋医学では、病を診断するために視覚・聴覚・嗅覚・触覚を活用して患者を注意深く観察します。
この観察(診察)方法は四診(ししん)と言われ、以下に分類されます。

  1. 望診(ぼうしん)
  2. 聞診(ぶんしん)
  3. 問診(もんしん)
  4. 切診(せっしん)

望診(ぼうしん)

神技とも言われ、視覚をとおして病態を診察していく方法です。
望診は患者とあった瞬間からスタートしており、患者の顔色・表情・姿勢・動作など、外部から読み取れるデータを瞬時に収集して診断します。

顔色の良し悪しで健康状態を判断することは、普段の生活でもよくあることだと思います。我々鍼灸師は、この望診を皆様以上に見極められるよう、日々努力しています。

聞診(ぶんしん)

聖技とも言われ、聴覚・嗅覚をとおして病態を診察していく方法です。
聞診は聴覚と嗅覚で患者の呼吸音・発声・口臭・体臭などを観察して情報収集していきます。
『正』と呼ばれるの盛衰や『邪』の消長を探って、臓腑・経絡との関連を診察します。

現在も医師が聴診器を使って診察を行いますが、大昔から聴覚を使っての診察はとても重要であったようです。
また嗅覚も『五行説』に基づいた五香(ごか)に分類されて、それぞれ関連する五臓のチェックをしていました。

※五香・・・あぶらくさい(肝)、こげくさい(心)、かんばしくさい(脾)、なまぐさい(肺)、くさった臭い(腎)に分類されています。
表現が難しい、イメージしにくいものもありますが、ご容赦下さい。

問診(もんしん)

工技とも言われ、問いかけと応答により病態を診察していく方法です。
問診は病院でも行われる診察方法と同じで、患者の主訴・発症の時期・現病歴・既往歴などを聞いて情報収集していきます。

「十問歌」といものがあり、それには、
一に寒熱を問い、二に汗を問う。三に頭身を問い、四に便を問う。五に飲食を問い、六に胸を問う。七に聾(ろう)を問い、八に渇ともにまさに弁ずべく、九に脈色により陰陽を観察し、十に味より神見を章かにす。

と記されています。
日常の診察では中々ここまで問診するのは難しいのですが、これだけ聞きとりなさいと重要視されている診察方法です。

切診(せっしん)

巧技とも言われ、指頭・指腹・手掌の触覚をとおして病態を診察していく方法です。
切診は脉診・腹診・切経に分類され、特に鍼灸治療においては脉診が重要視されています。

脉診は手首内側に拍動する動脈を三本の指で触れ、強弱、形、リズムなどを指先で感じ取り、病因を探ったり、予後の判断などを判断します。
一番の特徴は脉診を行うことで、治療方法まで決まってしまうことなのですが、感覚の世界なので文章で表現することが難しいため、省略させて頂きます。

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro