の原因を分類する

『鍼灸(東洋医学)が考察する病の仕組み』についてお話しします。
分かりにくい表現や単語が出てくるかも知れませんが、どうかご容赦ください。

病気の原因を分類する

東洋医学では病の原因は大きく分類すると次の3つがあると考えます。

  1. 外因(がいいん):外から体内に侵入してくる6つの『邪』が原因
  2. 内因(ないいん):7つの『感情』が原因
  3. 不内外因(ふないがいいん):『その他の原因』によるもの

外因、内因、不内外因の一覧

外 因 風邪、暑邪、湿邪、燥邪、寒邪、火邪の6つの邪が体内へ侵入
内 因 怒、喜、思、憂、驚、悲、恐の7つの感情が高ぶりすぎると病になる
不内外因 過食、過労、房事(性交渉)過多、外傷、骨折など、外因・内因以外が病因となるもの
注目すべき点は次の2点にあると思います。
  1. 怒りや悲しみといったストレス=内因
  2. 過食・過労などの日常生活=不内外因​

現代では常識になってきた『ストレスや暴飲暴食は身体に良くない』との認識が、紀元前に誕生した東洋医学にも病の原因であることが分かっていたことは注目に値すると思えてなりません。
なお『邪』とは単純に細菌やウイルスなどを指すものではありません。

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro