内因(ないいん)って何でしょう?

内因は七情とも表現されます。七情とは内から生じる病の原因で人間が持つ感情を指していて、怒・喜・思・憂・恐・悲・驚の7つがあり、過度の感情を意味します。
五行説のページでお話しした『五臓』との結びつきが強く、五志(ごし)とも言われます。

五臓と七情の関係について

怒(ど)

  • 関連する五臓=肝
  • 「怒り」は『』を上へ昇らせる作用があります。
    例えば
    「頭にがのぼる」という言葉は分かりやすい例です。

喜(き)

  • 関連する五臓=心
  • 「喜び」の感情が『』をリラックスさせる

思(し)

  • 関連する五臓=脾
  • 思いこみ過ぎると消化機能などの働きが抑制される

憂(ゆう)・悲(ひ)

  • 関連する五臓=肺
  • 憂い、悲しみの感情は活力を消費する

恐(きょう)・驚(きょう)

  • 関連する五臓=腎
  • 恐れ、驚きの感情は腎を傷つける

 

 

 

東洋医学では7つの感情の変化が強く、長引くなどするとの流れが悪くなり、関連する臓腑を傷つけて精神不安や発熱と言った病に侵されると考えます。
例えば『肝』を見てみると関連する七情は『怒』。つまり日々のストレスを指します。
ストレスが蓄積されて『肝』を傷つけると、その調整機能が低下して様々なストレス性疾患を引き起こしてしまいます。

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro