外因は6種類に分類されます

外因とは『気候の変化により人体を外部から発病させる原因』と定義されています。
外部の原因とは、風・暑・湿・燥・寒・火の6つの『気』(エネルギー)を指しています。

6つの気は元々は『天の正気』といわれ、万物を発生・変化させるエネルギーなのですが、過剰になったり不足したりすると発病因子になってしまいます。(邪気に変化

邪気に変化した6つの気を『外邪』もしくは『六淫(りくいん/ろくいん)』と呼びます。

ちなみに六淫は「異常気象」だと考えて頂ければ、想像しやすいと思います。

外邪(六淫)について

6つの外邪についてお話ししていきたいと思いますが説明が長くなるため、2回に分けてお話しします。

風邪(ふうじゃ)

  • 関連する五行=木
  • 関連する五臓=肝
  • 作用=外感病の中で最も多い。背部の皮膚から人体に侵入することが多い。

 

  1. ​陽の邪気であり上部を犯しやすい。(人体の上部に症状が現れやすい)頭痛、鼻づまり、咽喉痛など。 
  2. 風邪は衛気を犯す。
    人体に侵入すると発熱、発汗などの症状が現れる。 
  3. 風邪による病は変化しやすい。
    風は動きやすく変化しやすい性質がある。風邪による病は症状や部位が一定せず動きやすい。 
  4. 風は百病の長
    風邪は最も重要な発病因子で、他の五邪と一緒に体内へ侵入することが多い。 
  5. 現代の風邪
    上記に加え現代の風邪による疾病としては、エアコンや扇風機などによるカゼ、冷え、肩こりなどがあります。
引き起こされる症例
  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 鼻水
  • 痙攣
  • 運動麻痺
  • 脳卒中
  • てんかん
  • etc.

暑邪・熱邪

  • 関連する五行=火
  • 関連する五臓=心
  • 作用=陽の邪気であり、夏(盛夏)にだけ見られる。

 

  1. ​暑は火の邪気である。体内に侵入すると高熱が出たり、顔が紅潮したり、大汗をかくなどがある。 
  2. 上昇・発散
    火邪が侵入すると腠理(毛穴)が開き、汗が多くなる。多汗になりすぎると、口渇、脱力感などが現れる。 
  3. 湿邪を伴うことが多い
    梅雨の時期を思い出すと想像しやすいのですが、夏は雨が多く湿度が高い。暑邪が侵入ると湿邪を伴うことが多い。
    湿邪を伴うと四肢倦怠感、胸苦しさ、下痢などが現れる。
引き起こされる症例
  • 高熱
  • ノドの痛み
  • 多汗
  • 頻尿
  • 不眠
  • ホットフラッシュ
  • etc.