五臓って何でしょう?

東洋医学で中心的な役割を果たす臓腑のことを五臓と呼び、肝・心・脾・肺・腎の5つを指します。
余談ですが、お酒を好まれる人が最初の一口を飲んだ後に『五臓六腑に染み渡る』と表現することがありますが、ここに由来されているらしいですね。

現代医学と東洋医学では、同じ名称でも異なる臓器を指す場合があるので注意が必要なのですが、これらの臓器は現代の解剖学でも体の中心部にあり、他の臓器と比べてやや大きく、胃や腸などと違って中身が詰まっているものなので、当時は生命の中心であると考えられていました。

五臓はその形、色、位置から木・火・土・金・水の『気』を持っていると考えられ、関連する他の臓器や機能、生理作用などに五行が配当され『臓象学説』が作られていきました。

五行と五臓の性質

五行 五行の性質 五臓 五臓の性質
「曲直」。枝葉は伸び伸びとして発生という特徴がある。 筋道が通ることを好み、抑うつを嫌がり、疏泄の機能がある。
「炎上」。温かく、上へ上へと行く性質がある。 清静を好み、躁動を嫌う。
「稼穡」万物を生み変化させる特徴がある 水穀を運び変化させて精微なものを輸送する。五臓六腑を栄養する。乾燥を好み、湿潤を嫌う。
「従革」。静粛、収斂させる性質 静粛を好み、肺気は粛降する。
「潤下」。潤す、寒、閉蔵させる性質 温を好み冷を嫌う。

このように人体の基礎となる五臓の性質と五行の性質を関連付け、人体外の外部環境や自然環境などに連係を生じさせました。
これによって人体の生理、病理と自然環境を統一的に把握することができ、鍼灸医学の理論的な基礎が出来あがったとされています。

臓象(ぞうしょう)学説

臓象とは五臓六腑の働きのことで、東洋医学の生理モデル・病因病理モデルの骨格になります。
臓は内臓を指し、象は体の外側の現れている生理的・病理的な現象を指しています。

臓と腑

東洋医学が指す『臓腑』とは、以下のように分類されます。

肝、心、脾、肺、腎
胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦
奇恒(きこう)の腑 骨、髄、脳、脈、胆、女子胞

臓は中身が詰まった実質器官であり、生命活動の中心、内に精気を蔵している。
腑は中身が無い中空器官で、飲食物を受け入れ消化し、次の器官に送る。水分の吸収・配布・排泄に関与しているとされています。ちなみに奇恒の腑とは『形は腑に似ているが性質や働きは臓に似ているもの』と古典には記されています。

また臓と腑の関係は表裏の関係・陰陽の関係であり、表にすると次のようになります。

五 行
君火 相火
臓(裏・陰) 心包
腑(表・陽) 小腸 三焦 大腸 膀胱

臓と腑、例えば肝と胆は表裏の関係であり、陰陽の関係があります。
そして一対となって五行の一行に属しています。
ここで悩ましいのは、心包と三焦という臓腑です。
「難経」という古典の中では、「心包と三焦は表裏をなす。ともに名ありて形無し。」と記載されており、六臓六腑をもって表裏関係と五行配当が決まりました。