鍼灸治療の不思議

鍼灸治療(東洋医学)は現代のような医療器具や検査機器が無い、紀元前に発生した医学です。
当然、主に用いる治療道具は漢方薬や鍼であり、検査する器具といえば、治療家の五感に頼るものです。
現代においても鍼灸治療院では脉診(みゃくしん)や腹診(ふくしん)といった治療家の五感を使った診察方法を用い、ツボへ鍼や灸を施して体の痛みや病を治療していきます。
 

鍼灸治療を受けた経験がある人でも・・・

  • 脈やお腹、背中を診て何が分かるの?
  • どうして痛む場所と関係がない場所に鍼を刺して、痛みが取れるの?

といった疑問を持ったことがありませんか?

そんな疑問がいくつも出てくる東洋医学(鍼灸治療)について、その歴史から独自の哲学、診察方法などを、私が学生だった頃に使っていた教科書や恩師などに聞いた話しをベースに説明していきたいと思います。

鍼灸治療は中国から輸入された医学です

「東洋医学」という言葉は一般的には「西洋医学」に対する「日本の伝統医学」の総称として用いられ、鍼灸の他にも漢方薬、あん摩などを意味しています。

また日本の伝統医学は中国の伝統医学(中医学)を元に発展してきましたが、中医学を元に日本独自に発展を遂げているため、東洋医学=中医学とはなりません。

しかし基本となる考え方は中医学の理論がベースになっています。
ここでは広義の「東洋医学」について、簡単にですがお話ししたいと思います。

今でも私たち鍼灸師のバイブル的な存在である黄帝内経(こうていだいけい)が出来あがったのは、紀元前の中国、春秋戦国時代頃であるとされています。

当時の最先端医学であった中医学が日本に輸入されてきたのは、7世紀ごろ、飛鳥・奈良時代に遣隋使や遣唐使として中国に渡った僧侶たちが、日本に中医学を持ち帰りました。

この後、日本では江戸時代に入ると鎖国政策が行われ、中医学は日本独自の発展を遂げていきます。

ちなみに、江戸時代後期にはオダンダ医学が日本にやってきて「蘭学」と呼ばれ、日本で独自に発展していた中医学は「漢方」と称されていきます。

明治期に入ると、明治政府は国策として西洋医学を重宝し、東洋医学(漢方薬や鍼灸)を禁止する方針を打ち出しましたが、明治後期には復興の道を歩み始め、今日に至ります。

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro